映像プランニングや現場でのオペレーションを担当した
第68回さっぽろ雪まつり×札幌国際芸術祭2017公式プログラム
トット商店街 は2月6日〜2月12日まで札幌雪まつり大通公園西5丁目会場での上演でした。

「トット商店街」は、第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞を受賞した
音楽劇「正しい数の数え方」の岸野雄一氏が芸術監督となり制作された新しいプログラム。
大雪像に映し出される映像+影絵と音楽によって物語が進んで行きます。
ナレーションにはトットちゃんこと黒柳徹子さんも参加。
2月6日から2月12日までの7日間で28公演と言うスケジュール。
沢山の方の御協力によって無事に終えることが出来ました。

3日前に現地入りし映像調整の為に外でMacを操作していると気温のせいかフリーズしてしまったり
公演当日の朝までかかったマイナス温度下でのセッティングもとても良い経験となりました。
テレビ中継の録画や各媒体でのレポートを見ると沢山の方に楽しんでいただけたようで良かったです。
この経験を活かして引き続き頑張りたいと思います。
映像オペレーションルームを訪ねてきてくれた方々ありがとうございます。

記憶を辿ると最初に打ち合わせをしたのは去年の7月。
雪像と映像と音楽で出来る事を自分なりにも夢想し続けた楽しい約5ヶ月間でした。
オペレーションルームで御一緒させていただいた現地スタッフの皆様、大変お世話になりました。
そして雪像をより一層白く仕上げて下さった雪像製作隊の皆さんに感謝しています。

黒柳徹子さん(トットちゃん)のインスタグラムにオープニングの様子がアップされています

改めて、皆様ありがとうございました。

totto